5分でわかるデジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションとは?

近年声高に叫ばれる「デジタルトランスフォーメーション」とは、一体どのようなものなのでしょうか。大規模システムを導入し工場を効率化する事なのか?それとも、サブスクリプションビジネスを始める事なのか?
デジタルトランスフォーメーションの本質を5分でわかる内容にまとめました。

ITの力で社会が変わるということ。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation; DX)とは、
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。※

※引用元:デジタルトランスフォーメーション – Wikipedia

つまり、もともと 企業の変革の事ではない。
一方で、「企業のデジタルトランスフォーメーション」は何を指すか?

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、 データとデジタル技術を活用して、 顧客や社会のニーズを基に、 製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、 業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、 競争上の優位性を確立すること※

※引用元:経済産業省「2025年の崖問題とDX推進に向けた政策展開」

簡単に言うと、「デジタル技術の発展により、社会そのものが変化していくから、古い体質のままだと今のポジションを失いますよ。 そうならないように 事業だけでなく組織も変革する必要がありますよ」 ということ。

噛み砕くとこんな感じ

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、 データとデジタル技術を活用して、 顧客や社会のニーズを基に、 製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、 業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、 競争上の優位性を確立すること

DXによる変革で、優位性を獲得する

「競争上の優位性」につながる変革とは?

変革対象 変革により起こる事 変革が生み出す優位性
製品・サービス、ビジネスモデル より高い顧客満足度の獲得、新しいサービス価値の提供、継続的な利用 新たな市場の創出、業界内でのポジションの獲得、継続的な利用と利用者の拡大による参入障壁の強化
業務そのもの 業務の効率化、精度の向上、顧客満足度の向上 製品・サービスの品質向上、コスト・スピードメリットの創出
組織、プロセス、企業文化、風土 意思決定のスピード向上、よりイノベーティブな組織の成立 変化に強い柔軟な組織、自ら変化を起こす組織になる事により、継続的に優位性を維持・獲得し続ける事ができるようになる。
上に挙げた3種類の変革対象のうち、「組織、プロセス、企業文化、風土」だけは、直接の優位性を生み出すというよりも、継続的に優位性を維持・獲得しつづけるために必要な変革となる。

なぜ「企業のデジタルトランスフォーメーション」は必要か?

短期的な意味では、「市場の変化への対応とディスラプターへの対抗が必要となるから」
中長期的には、「スピーディな変革を続けなければいけない社会になったから」
企業のデジタルトランスフォーメーションが持つ目的

まとめ / 結論

1.デジタルの力で社会の変化が急速になった

デジタル技術の発展により、社会的な価値観や求められるサービスレベルなどが急激に変化するため、それらに対応した顧客価値の提供が、企業の優位性となる。

2.変革は一回限りではない。

ビジネスモデルを変えた、業務効率化を達成した、などの一回きりの変革では、すぐに優位性を失う。変革は常に継続する必要がある。

3.事業の変革は表層。本質は組織の変革。

変革を継続するためには組織そのものが、積極的に変わり続けるものになる必要がある。

まずはお気軽にご相談ください

本サービスに関するご質問や詳しいご相談をご希望の方はお問い合わせフォームをご活用ください。