ベトナムユーザーの傾向とおすすめプロモーション施策

  • デジタルマーケティング
  • SNS
  • インバウンド
  • ベトナム

中国・台湾・マレーシア・タイ・ベトナムに関する概要はこちら

ベトナム市場における消費者の特徴。

SNSの位置付けが日本と異なり独特で、カジュアルに利用する。

SNSのカジュアルな利用が目立つ。

ベトナムではSNSが独自の文化圏を築いており、利用形態についても他国とは少し異なったものになっています。Facebookはご多分に漏れず人気ではありますが、その利用方法は独特で、企業との直接コミュニケーションに活用されるのが特徴です。また、ユーザーが記事やトピックを投稿するフォーラムサイトやBBSが非常に多く、ユーザーの多くは情報発信・情報収集をこれらのフォーラム・BBSで行っています。
それぞれのユーザー特性に合わせてコミュニティ形成をする事が、ベトナムでのオンラインプロモーションにおいて非常に重要な役割を担う事が、ベトナムでのプロモーションにおける特徴です。

強力な日本ブランドは自動車・バイク。日用品は訪日時に大量購入。

ベトナムにおいては日本車・日本製バイクの人気が非常に高く、現地においても大量に見る事ができます。
ベトナム人にとって自動車・バイクは生活必需品であり、誰もが所有するものであると同時に、品質・信頼性の高い日本製品は長い間人気商品であり続けています。
一方で日用品に関しては進出数もあまり多くなく、また、日本のブランドとして認知されている商品も多くはありません。現地での販売はあまり伸びていないものの、急増する訪日旅行者は、訪日時に日本で販売されている日用品をまとめ買いするなど、潜在的な人気が見受けられます。

ベトナム向けプロモーションのおすすめメニュー

ユーザーの反応をスピーディかつ大量に得られるFacebook運用

Facebook運用・広告

ベトナム向けFacebookコンテンツ例
ベトナムにおいてもFacebookは強力な人気SNSであり、ユーザー数は6,000万人を超えます。
ベトナムにおけるFacebookの特徴は、ユーザーの反応が非常にスピーディであるという事です。Facebookに投稿した記事や紹介した商品に対して、ベトナムのユーザーはFacebook上のダイレクトメッセージで直接問合せを行います。
購入活動に至るための重要な情報に関してもFacebook上で行う事が多く、公式Webサイトに問合せフォームが設置されていても、Facebookのダイレクトメッセージを活用する事が非常に多くあります。
運用に関して多くの手間がかかる反面、直接コミュニケーションにより問合せや購入への誘導、ユーザー調査なども可能になるため、ユーザーからの反応を集め・活用するという点においては非常にSNSらしい運用ができるのが、ベトナムにおけるFacebookの特長です。

コストパフォーマンスが高く、認知に有効なYoutube広告。

Youtube動画広告

Youtube動画広告例
ベトナムにおけるメディア / SNSでも最も多くの人に利用されているのがYoutubeです。Youtube上に動画広告を出稿する事で、比較的安価に大きな閲覧数を獲得する事ができ、コストパフォーマンスに優れた施策であると言えます。
特に、プロモーション初期の認知獲得・ブランディングに有効であるため、Facebook運用と並行して現地企業も積極的に活用しています。
Youtubeで認知を獲得し、Facebookで反応を獲得するなど、他の施策と食い合わせて活用するのがおすすめです。

検索を多く行うユーザー層に有効なSEM施策。

Google SEM / ディスプレイ広告

Gooogle SEM / ディスプレイ広告イメージ

ベトナムにおいても、Googleは最もアクセスのある検索エンジンであり、月間トラフィック数は3億7千万以上となっています。
ベトナムは商品の信頼性を特に重要視する市場となっており、検索を行う事で商品情報を得ようとするユーザーが数多く存在します。特に、企業が公式に発信している情報に対する感度が高いため、SEMを正しく行う事で、購入前の見込み顧客に対する正確な情報訴求が可能となります。

ユーザー同士の情報共有に活用されるWebメディア

Webメディア / Forum (BBS)掲載

ベトナム フォーラムサイト例
例:VNEXPRESS
ベトナムにはいくつかの大手Webメディアが存在し、ユーザーはそのメディア内のカテゴリから自身の興味のある情報について収集を行っています。メディアによってはユーザー自身が投稿を行えるものも存在し、積極的な情報共有がメディアを用いて行われるのもベトナムの特徴です。
お客様の商品にあった記事出稿のプランを作成することが可能であり、認知段階での広いアプローチを可能とします。

これらのWebメディアやBBSに記事 / トピックを投稿する事で認知獲得を行うと同時に、商品理解の獲得を狙う事が可能です。

ベトナム向けプロモーションならオロへ

海外拠点の活用・連携により、国内/現地の両方に最適化した施策を実現。

オロの拠点マップ

1. 各拠点による、現地目線でのマーケティング戦略立案

オロ海外拠点に在籍する現地スタッフを活用し、現地の市場状況や文化・トレンドを押さえたマーケティング戦略をご提案します。商品・サービスが現地でどのように受け入れられるかを調査・分析し、商品のポジショニングやクリエイティブ面でのカスタマイズなど、最適な戦略設計を行います。

2. 現地人材・メディアを活用した、「現地顧客に届く」施策

効果的なマーケティング施策は国により異なります。オロは現地拠点を活用し、各国で最も効果の高いメディア・クリエイティブの組み合わせをご提案する事で、現地顧客を最大限に獲得するための施策を実施する事ができます。

3. 複数国の連携による地域間標準化/適応化戦略の設計

商品・サービスを海外で展開する際に、各国で共通に展開する仕様(標準化)と現地の文化・習慣に合わせた仕様(適応化)のバランスを、コストメリットの観点から最適化し、売上の最大化を図るための戦略設計を行います。弊社の各国拠点が連携する事で共通点・相違点を明確化し、最適な展開方法をご提案します。

まずはお気軽にご相談ください

本サービスに関するご質問や詳しいご相談をご希望の方はお問い合わせフォームをご活用ください。